圧倒的なテクニックと美しい音色で、心の奥底を震わせるチェリスト。

宮田大 Dai Miyata

チェロ Violoncello

圧倒的な技術に裏付けられた、エモーショナルな表現。
古典から現代曲まで、作品の奥に潜む本質を炙り出し、空間を音楽で染め上げてしまう宮田大のチェロは、その温かい人柄も含めて、各地のコンサートで聴衆を惹きつけ、多くのリピーターを生んでいます。
チェロでは異例の、サントリーホール、ミューザ川崎などの2000席以上のホールを満席にしたことでも話題になりました。

このアーティストのお問い合わせ

  1. PROFILE
  2. MOVIE
  3. PROJECT

宮田大 Dai Miyata

2009年、ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールにおいて、日本人として初めて優勝。これまでに参加した全てのコンクールで優勝を果たしている。その圧倒的な演奏は、作曲家や共演者からの支持が厚く、世界的指揮者・小澤征爾にも絶賛され、日本を代表するチェリストとして国際的な活動を繰り広げている。
スイスのジュネーヴ音楽院卒業、 ドイツのクロンベルク・アカデミー修了。
これまでに国内の主要オーケストラはもとより、パリ管弦楽団、ロシア国立交響楽団、ハンガリー放送交響楽団、S.K. ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団などと共演している。
「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳~」(芸術祭参加作品)、「カルテットという名の青春」「NHKワールド “Rising Artists Dai Miyata”」などのドキュンメント番組のほか、「クラシック倶楽部」「らららクラシック」「題名のない音楽会」「報道ステーション」「日経スペシャル招待席~桐竹勘十郎 文楽の深淵」「徹子の部屋」など、メディアにも数多く出演している。

録音活動も活発で、最新CDはトーマス・ダウスゴー指揮、BBCスコッティッシュ交響楽団との共演による「エルガー:チェロ協奏曲」(日本コロムビア)

近年は国際コンクールでの審査員や、2019年ロームミュージックセミナーの講師を務めるなど、若手の育成にも力を入れている。
使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1698年製A. ストラディヴァリウス“Cholmondeley”である。

宮田大公式HP:https://daimiyata.com/

公式Facebook:https://www.facebook.com/cello.dai.miyata/
公式Twitter:https://twitter.com/miyata_staff

レーベルサイト:https://columbia.jp/artist-info/miyatadai/

宮田大×大萩康司

世界的指揮者・小澤征爾にも絶賛され、国際的な活動を繰り広げているチェリスト宮田大と、デビュー20周年を迎え、国内外で熱狂的な支持を得ているギタリスト大萩康司。
ともに第一線で活躍するチェリスト&ギタリストによる、夢の競演が実現!

昨年、東京・大阪にてデュオ・リサイタルが開催され、その評判は瞬く間に広がり、今年2月にはNHK「クラシック倶楽部」にも登場。豊かなハーモニーと絶妙なアンサンブルが絶賛され、再演を望む声が多数挙がっています。

ピアソラやニャタリなどの南米音楽から、サティや映画音楽まで。チェロとギターならではのジャンルを超えた巧みなアンサンブルと、情熱と気品溢れる音色による、贅沢なひと時を味わえます。

PAGE TOP