彼方の夢国にいざなうセクシーヴォイス 未来を照らす熱き二連星

SiriuS

ヴォーカル・デュオ Vocal Duo

共に東京藝術大学声楽科を卒業し、オペラやミュージカルの舞台で活躍しているテノール大田翔とバリトン田中俊太郎。ユニット名≪SiriuS≫は、全天で最も光を放つ恒星にして、シリウスAとシリウスBの二つの連星で構成される星の名を冠しました。二つの星=二人のスター大田翔と田中俊太郎が奏でるハーモニーはきらびやかな夢のある歌唱と舞台を展開していきます。格調高いエッセンスとエンタテインメント性の両者を兼ね備えた新たなスターの誕生です。

このアーティストのお問い合わせ

  1. PROFILE

SiriuS (シリウス)

大田 翔(テノール)Sho Ota, tenor
東京都出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。オペラでは『愛の妙薬』ネモリーノ、『椿姫』アルフレード、『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『蝶々夫人』ピンカートン、『カヴァレリア・ルスティカーナ』トゥリッドゥ、『仮面舞踏会』リッカルド、『メリー・ウィドウ』カミーユ等で出演。宗教曲ではプッチーニ「グローリア・ミサ」、ベートーヴェン「荘厳ミサ」、ビゼー「テ・デウム」等のソリストを務める。ミュージカルでは、『ピアフ』イヴ・モンタン(東宝)、『ウエストサイド物語』トニー(劇団四季)、『レ・ミゼラブル』(東宝)、『シークレット・ガーデン』(東宝)、『ピアフ』イヴ・モンタン(東宝) 、『You're a Good Man, Charlie Brown』シュローダー、『ホンク!』キャット、『ラ・テンペスタ』ファーディナンド、メニコンオリジナルミュージカル『あしたの瞳』『キミのために散る』で主演を務める。近年、舞台活動の他、宮城、熊本、宇和島などで、復興応援のソロコンサートを行っている。

田中俊太郎(バリトン)Shuntaro Tanaka, baritone
島根県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程独唱専攻、同博士後期課程修了。博士(音楽)の学位を取得。声楽を森山秀俊、福島明也、ジャンニコラ・ピリウッチ、林康子の各氏に師事。英国オールドバラ音楽祭においてイギリス歌曲のマスタークラスを受講。宗教曲ではJ.S.バッハ「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ」、ヘンデル「メサイア」、ヴェルディ「レクイエム」等でソリストを務める。オペラでは『愛の妙薬』ベルコーレ、『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、『椿姫』ジェルモン等を演じる。橋本國彦「三つの和讃」、江文也「生蕃四歌曲集」を藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演する等、日本の音楽作品の研究・演奏に取り組む。またミュージカル作品や《東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”イン・コンサート》等、エンターテインメントの舞台にも出演。2017年度、三菱地所賞受賞。

■公式 HP
https://siriusduo.jp/

■レーベルページ
https://columbia.jp/artist-info/sirius/

PAGE TOP